北海道ブログ@札幌ナキ

道民の暮らし、子育て、グルメ、観光を紹介します。

札幌市ワクチン集団接種(モデルナ)の体験談・副反応や備えたこと

札幌市ワクチン集団接種(モデルナ)の体験談・副反応や備えたこと

f:id:sapporo_naki:20211001190238j:image

ワクチン接種が無事に完了しましたので

体験談として体調の変化や副反応の対策として

やったことなどを書いていきます。

 

 

1.〜予約までの流れ〜

私は30代で持病があり、昔から定期的に

地元の病院へ通院をしています。

 

通院先ではまだワクチン接種に

対応していなかったので

市内で受けることにしました。

 

なのでまずは、札幌市のサイトで

基礎疾患の登録をしました。

 

しばらくすると自宅に接種券が

入った封書が届きました。

 

次に、接種場所は集団接種会場か個別の病院

どちらかを選ぶのですが

すでに予約が取りにくい状況で

中々決まりませんでした。

 

この時はワクチン不足で

クリニック(ファイザー製)では

2回目の予約をしていた人でも

在庫を確保することが出来ず

キャンセルになっている時でした。

 

札幌市のサイトで集団接種(モデルナ)の

ウェブ予約が再開すると載っていたので

受付開始する時間に合わせて、すぐアクセスして

なんとか予約することが出来ました。

 

↓札幌市のホームページに予約・接種日の

 案内が書いてあります。

www.city.sapporo.jp

 

この時に別でファイザーワクチンで空いている

クリニックも見つけていたのですが

2回目を予約していたとしても

キャンセルになることもあったり、

 

夫はファイザーですでに接種済みでしたので

私が別のワクチンを打った方が

万が一に、一家で感染してもどちらかが

症状が軽い可能性もあるのではないかと思い

私はモデルナに決めました。

(あくまでも素人の考えです。)

 

当時はモデルナ製のワクチンの

異物混入の問題があり、正直怖かったですし

今でもワクチンに対する色んな情報がある中で

どの選択が正しいのかわかりません。

 

色々迷いのある中、自分の体には

接種した方がリスクを減らせると思い

決断しました。

 

 

2.〜接種日当日の流れと体調の変化〜

f:id:sapporo_naki:20211001185649j:image

会場は札幌市厚別区にある

『ホテルエミシア札幌』でした。

f:id:sapporo_naki:20211001185714j:image
f:id:sapporo_naki:20211001185717j:image

ホテル横の駐車場が1回目・2回目どちらも

無料で利用出来たのも助かりました。

(駐車場が空くまで待ちの時間もあったので

余裕を持って向かった方がいいです。)

 

駐車場から1分程歩くと

ホテル入り口前に警備の人がいるので

かわるがわる案内に従い進んでいくと

検温、書類の確認や問診を済ませ

ワクチンの接種会場へ行けます。

 

1回目の接種後には、2回目の日付と時間の

確認をしてトータルで30分程度で会場から

出ることが出来ました。

(案内もわかりやすく早くて良かったです。)

 

 

1回目のワクチン接種

○当日朝

36.7℃(平熱は割と高めのタイプです)

○会場到着時

36.7℃(注射は驚くほど痛みなしでした)

○3時間後

36.7℃(腫れ無し、腕少しあげずらくなる)

○7時間後

36.9℃(体調は問題なし、腕の見た目は

腫れてないが熱を感じるので冷やしてみる。)

○14時間後

36.4℃(腕上がる、見た目変化なし

腕を冷やしたおかげか熱緩和する)

○18時間後

36.6℃(腕は変わらず筋肉痛の治りかけレベル)

○24時間後

37.0℃(もっと痛みは減る)

○26時間後

36.8℃(わずかな違和感のみ)

○29時間後

36.9℃(わずかな違和感のみ)

○34時間後

36.6℃(ほとんど腕は痛くない)

○42時間後

36.7℃(腕の違和感はほぼなくなる)

 

〜感想〜

注射が全く痛くなくて良かったです。

腕が熱を持ちはじめて痛くなりそうだったので

アイスノンを固定し冷やしながら寝ると

痛みがだいぶ緩和したので

あとは筋肉痛の治りかけ程度の痛みでした。

 

 

2回目のワクチン接種

○当日朝

36.5℃(体調も良かったです。)

◯会場到着時

35.5℃(注射は少しチクッとした

程度で大丈夫でした)

◯1時間後

36.4℃ (平気だが少し注射箇所チクチク)

◯3時間後

37.1℃(体調は悪くないが腕に少し熱を感じ

早めに冷やす。)

◯6時間後

37.0℃(体調普通、腕は軽めの筋肉痛程度の痛み)

◯12時間後

37.5℃(だるさ、頭痛、熱っぽさ感じて起きる)

◯17時間後

38.6℃(12時間後の時より楽になったが

熱は上がった、解熱剤を飲むまでではなく様子見)

◯18時間後

37.4℃(何故か熱が下がる、頭痛だるさはある)

◯20時間後

37.8℃(少し熱が上がったので、

ここで初めて解熱剤を飲む)

◯25時間後
37.7℃(体調は悪くないが、熱は変わらず)

◯27時間後

37.5℃(解熱剤の効果が切れたと思うが

平気なので追加では飲まず)

◯30時間後

37.0℃(更に体調は良くなる)

◯32時間後

37.2℃(だるさも抜け、腕は軽めの筋肉痛と

少しの頭痛のみ)

◯36時間後

36.5℃(ほとんど普段通りの体調)

 

〜感想〜

もっと高熱になるかと構えてましたが

終わってしまえばなんてことはなかったです。

あえて言うならば接種後12時間後が

熱の上がり始めで1番辛かったです。

風邪でない状態で発熱する経験が

今までなかったので、

なんだか違和感がありました。

 

 

3.備えるコトとオススメ対処法

接種前には…

◯アイスノンなどの氷枕の用意

(私は頭はアイスノン、腕は保冷剤をタオルで巻いて使用しました)←ビーズクッションがあれば程よい力加減で腕の保冷剤を固定出来るので楽です。

 

◯水分補給用ペットボトルの用意

(喉が渇くことが多かったです。接種した腕はなるべく使わないようにボトルそのままよりはストローを使ったほうが良いです。)

 

◯簡単に用意出来る食事の確保

(接種後翌日が一番副反応が強いので

三食+長引いた時用に食料は多めに

買った方が安心です。)

 

◯解熱剤は手の届くところに

(かかりつけの病院かドラッグストアの

薬剤師さんに選んで貰うのも安心です。)

 

 

接種後には…

◯帰宅後はすぐにシャワー

(腕の痛みや発熱に備えて済ませると楽です。)

 

◯食事や飲み物に薬や連絡手段など

体調が崩れた時を考えてセッティング。

 

 

4.周りの体験談

全員ファイザーワクチンを接種

 

60代父は1回目、2回目

共に発熱もなく平気でした。

 

50代母は2回目で微熱と

我慢出来る程度の頭痛。

 

30代夫は腕の痛みと微熱程度でした。

 

 

🔻🔻ドライブ動画更新中です🔻🔻

m.youtube.com

⭐️オススメ記事

sapporonaki.hatenablog.com

sapporonaki.hatenablog.com

 

北海道の秋の味覚【旬の鮭筋子の選び方・アニサキス対策といくらの作り方】

北海道の秋の味覚【旬の鮭筋子の選び方・アニサキス対策といくらの作り方】

f:id:sapporo_naki:20210919101428j:image

秋になると北海道のスーパーでは

筋子が売りに出されます。

 

筋子をほぐして味付けして作る為

いくら作りは道民の秋のお楽しみなのです。

 

そこで今回は、安くて美味しい

いくらが食べたいと思い

作ってみましたのでご紹介します!

 

 

1.筋子の旬と価格と選び方

◎北海道の筋子の旬は9月〜11月。

なかでも9月の中旬〜10月の中旬くらいの

筋子皮が薄めで味のバランスも良いので

この時期の筋子を使って食べるのが

好きな人も多いです。

 

10月の後半からは味は濃くなりますが

卵が成長し、皮が厚くなるので

この時期の筋子は塩漬けで

作ると柔らかくなり食べやすいですよ!

 

醤油漬けにしてしまうと皮が更に硬くなるので

通称ピンポンイクラ(硬さのあまり噛みきれず

ピンポン玉の様に口の中で跳ねること)に

なってしまいます。

 

2021年は鮭が不漁で、筋子の値段も高めです。

 

今年の9月の初めは鮮魚店で600円台が

見かけるようになり、中旬に入ると

スーパーでは700〜900円台。

高い時は1200円くらいのも見ました。

 

数年前までは100g500円切るか切らないかで

昔はもっと安かった記憶でしたので

高騰化は残念ですね(;ω;)

 

筋子の選び方はなるべく綺麗なオレンジで

白っぽいものを選びます。

 

鮮度が落ちてくると全体が赤から赤茶になり

粒も透明になってきます。

(鮮度が落ちると調理するときや、

冷凍してから解凍すると

粒も潰れやすくなってしまうとのこと)

 

 

2.筋子のほぐし方といくらの作り方

◎一般的なアニサキス対策として

家庭の冷凍庫(-18℃の場合)48時間以上

冷凍することで死滅できます。

-20℃の冷凍庫の場合は24時間以上

 

今回は買ってきた日のうちに

食べたかったので別の方法で作ります。

 

◎いくらの作り方

筒状になっている筋子

指で膜を開き平らにします。(出来る範囲でOK)

f:id:sapporo_naki:20210923123907j:image

②70度のお湯を用意します。

(鍋で沸かす時は鍋底に小さな泡が立ち

ぽつぽつ泡が上がってくるくらいになると

70度前後になります)

(もしくは1Lの沸騰したお湯と

水500mlを合わせると約70度になります。)

 

③お湯を筋子全体に回しかけ、その後に

水も入れてぬるま湯にします。

(お湯の温度が40度だと一番

筋子がほぐれやすいです)

 

1Lの水に対し大さじ2と1/2の

塩をいれて3%の食塩水にします。

(塩を入れると白くなった筋子

透き通ってきます)

 

指で摘んで湯の中でぐるぐる筋子を揺らす

皮だけが残ります。

f:id:sapporo_naki:20210923125157j:image

(細かい所は指でポロポロとほぐして下さい)

f:id:sapporo_naki:20210923124934j:image

 

大きな皮が取れたら、一度ザルで水切りして

空のボールに戻し、水道水で5〜10回程度

米研ぎの要領で手早く水をいれては

水面に浮いた細かな汚れを流し落とします。

(天かす網で取るのもオススメ)

f:id:sapporo_naki:20210923125114j:image

 

綺麗になったいくらをしっかり水切りし

保存容器に入れて、今回は麺つゆ

(3倍濃縮の昆布出汁入りを使用)

で味付けします。

市販でタレの販売もしているので

お好みの方法で味付けしてください。〜

f:id:sapporo_naki:20210923125135j:image

いくらが浸るくらいにいれたら

乾燥を防ぐためにラップ

冷蔵庫でお好みの濃さになるまで待ちます。

(1〜3時間程度)

f:id:sapporo_naki:20210923125347j:image

↑漬けていると、いくらが

水分を吸ってふっくらしてきます。

 

⑧味見して適度な味がついたら

ザルで余分なタレを落とし

再び保存容器に入れて完成です。

f:id:sapporo_naki:20210923125616j:image

 

 

3.いくらの保存

そのまま冷蔵する場合は2〜3日が目安です。

 

冷凍する場合は空気に触れないように

密閉して1〜2ヶ月の間に

食べきった方が安心です。

その際は冷蔵庫へ置いてから半日〜1日程

ゆっくり溶かしてください

解凍後のいくらは2日以内

食べ切るのがおすすめです。

 

 

f:id:sapporo_naki:20210923125636j:image

味付けに麺つゆを使ってみましたが

想像していたより美味しくて大成功でした!

 

家ごはんならではの贅沢!

あったかご飯に沢山かけて

食べてみてくださいね😊

北海道の温泉宿紹介【泊まった温泉宿や気になる旅館】

北海道の温泉宿紹介【泊まった温泉宿や気になる旅館】

f:id:sapporo_naki:20210912145618j:image

温泉でゆっくり体を温めてから

道産の美味しい食事をとって

心身共にリフレッシュするのも良いですよね!

 

今回は道民の私が選ぶ

過去に泊まったことのある温泉宿の紹介

これから行ってみたい注目している旅館など

いくつか紹介させていただきます。

 

 

 

〜宿泊した旅館〜(順不同)

 

1.『定山渓鶴雅リゾースパ 森の謌』

f:id:sapporo_naki:20210912150029j:image

住所 札幌市南区定山渓温泉東3丁目192

www.morino-uta.com

www.jalan.net

まるで絵本の中に迷い込んだような

可愛くておしゃれな雰囲気の宿です。

ロビーの暖炉では焼きマシュマロも楽しめます。

 

鶴雅リゾートは食事の美味しさで有名です。

ブュッフェ会場前の通路には素敵な

ワインセラーが並んでいて

ついワインが飲みたくなります。

 

夕食時はオリジナルの具材をチョイスし

石窯で焼いてくれるピザも美味しいです。

ブュッフェの食事の並べ方もおしゃれですし

何より美味しいので満足度がとにかく高いです。

 

ここの宿は大人から子供まで嬉しいポイントが

詰まったオススメの旅館です。

 

 

2.『定山渓第一寶亭留 翠山亭』

f:id:sapporo_naki:20210910235911j:image

住所 札幌市南区定山渓温泉西3丁目105番地

www.jyozankei-daiichi.co.jp

www.jalan.net

オススメポイントはなんといっても

源泉掛け流しの客室付き温泉です。

 

部屋によって湯船のタイプは変わりますが

客室風呂の窓を閉めると外の景色を眺めながら

湯につかることが出来るので

 

外の天候に左右されず

虫が苦手な人にも嬉しい環境でした。

 

北海道の食材を使った料理も一点一点が

とても美味しく和の味を楽しむことが出来ます。

 

 

3.『緑の風リゾート きたゆざわ』

f:id:sapporo_naki:20210912123259j:image

住所 伊達市大滝区北湯沢温泉町300-2

midorinokaze-resort.com

www.jalan.net

魅力はなんと言ってもカラフルな露天風呂!

森の木漏れ日の中に、木の通路と色んなカラーの

お風呂が贅沢な気分にさせてくれます。

 

別の巨大な露天風呂はまるで

自然と一体化したかのような景色が見られ

心から癒されます。

 

有料にはなりますが、夜には館内の天文台

スターウォッチングも体験でき

天候が良ければ肉眼で天の川も見られますので

神秘の小宇宙を楽しめられますよ。

 

 

4.『湯宿 だいいち』

f:id:sapporo_naki:20210912125813j:image

住所 標津郡中標津町養老牛518

www.yoroushi.jp

www.jalan.net

ここではおもてなしの心が感じられる

リピーターの多い旅館です。

 

館内は木の趣のある落ち着いた雰囲気で

貸切風呂もあったり

山の幸を中心に丁寧な料理が味わえます。

 

他にもオススメしたいのが運が良ければ

野生のシマフクロウを見ることが出来る所です。

 

見た時の感動は一生ものだと思います!

 

 

5.『登別 石水亭』

f:id:sapporo_naki:20210912130324j:image

住所 登別市登別温泉町203-1

www.sekisuitei.com

www.jalan.net

登別の源泉はとっても質の良い温泉で

その証拠に日露戦争の傷病兵保養地として

指定されていたほど!

 

独特な硫黄臭がしますが

一度入るとお肌の調子が格段に上がるのが

実感できる個人的には大好きな温泉です。

 

ここの旅館は貸切風呂があるのと

脱衣所も広々していてテレビもついているので

ファミリーでゆっくり温泉を楽しめます。

 

 

 

〜泊まってみたい注目の宿〜(順不同)

 

1.『北こぶし 知床ホテル&リゾート』

f:id:sapporo_naki:20210912132056j:image

住所 斜里郡斜里町ウトロ東172番地

www.shiretoko.co.jp

www.jalan.net

バイキングがとっても美味しそうで

しかも種類が100種類以上と幅広くあります。

 

温泉から眺めるのは知床の海。

冬には流氷が見られるので移り変わる絶景を

リラックスしながら体感出来ます。

 

 

2.『洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス』

f:id:sapporo_naki:20210912132358j:image

住所 虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉21番地

www.toyamanseikaku.jp

www.jalan.net

外の足湯コーナーやお風呂からは

洞爺湖が見られ眺めの良さは

ロングラン花火大会を

鑑賞するのにもうってつけです。

 

ここはサウナ通にも人気の場所で

フィンランド・ミサ社のサウナストーブ
空間は国産檜で作り上げられ

水風呂は洞爺湖の水を使用しているとのこと

 

サウナシュランにも選ばられたのも納得の

こだわりが詰め込んであります。

 

朝食・夕食はどちらも約90種類のバイキングと

食べきれないほど種類豊富なのも魅力的です。

 

 

3.『しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌』

f:id:sapporo_naki:20210912132556j:image

住所 千歳市支笏湖温泉

www.mizunouta.com

www.jalan.net

美人の湯として知られる支笏湖温泉は

お肌がしっとりすることで有名です。

 

ヘルシービュッフェでは新鮮野菜の

アレンジ料理は見た目も美しくて

体の内側からも綺麗にしてくれます。

 

ラウンジの暖炉では焼きマシュマロが

食べれるサービスもありますよ!

 

 

4.『あかん遊久の里 鶴雅』

f:id:sapporo_naki:20210912155917j:image

住所 釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6番10号

www.tsuruga.com

www.jalan.net

空中露天風呂に庭園露天風呂に岩盤浴

沢山のリフレッシュ出来るコーナーに

100種類のバイキングと魅力たっぷり!

 

また阿寒湖温泉では期間限定で

プロジェクションマッピング

『カムイミナ』(有料)を見ることが出来ます。

 

阿寒の自然に投影された美しい映像の

ライトアップはアイスと様々なカムイ達の

関わりを体感出来るイチオシイベントです。

 

 

5.『章月グランドホテル』

f:id:sapporo_naki:20210910233649j:image

住所 札幌市南区定山渓温泉東3-239

www.shogetsugrand.com

www.jalan.net

アクセスしやすい札幌にあるこちらの宿は

4月29日にリニューアルオープンした際に

温泉付き客室を新設しています。

 

貸切風呂もあるのでゆっくり温泉に浸かって

リフレッシュしたい人におすすめです。

 

定山渓温泉でも唯一、全室が定山渓の

渓流側に面しているので眺めが良いですよ!

 

凄い袋麺を見つけてしまった!【オホーツクの塩ラーメン】インスタントラーメン

凄い袋麺を見つけてしまった!【オホーツクの塩ラーメン】インスタントラーメン

f:id:sapporo_naki:20210822083918j:image

8月の中旬、北海道では肌寒い日が

多くなってきました。

 

そんなこともあって

たまには簡単にインスタントラーメンが

食べたくて仕方がなかったのですが、

 

偶然スーパーで買った袋麺が

すごく美味しくて調べてみたら

どうやら、テレビでも取り扱われるくらい

有名だったらしいので

今回紹介させていただきます。

 

 

株式会社つらら『オホーツクの塩ラーメン』

f:id:sapporo_naki:20210821225542j:image

(つららSHOPシバレにて¥350)

 

北海道紋別郡湧別町にて

厳しい冬の氷の海から海水を汲み上げ

数日かけてオホーツクのカラ松の木を燃やし

長い時間をかけて煮詰めた

オホーツクの塩を使用しています。

 

この純白のお塩は、海水中に含まれる

カルシウムが入っていて

ほのかに太陽の香りがするそうです。

 

↓パッケージ正面

f:id:sapporo_naki:20210816155413j:image

↓パッケージ裏面
f:id:sapporo_naki:20210816155405j:image

説明欄には

〜このラーメンは、かつて湧別町・湧楽座にて

僅か五年間だけ営業されたラーメン店

「ゆうらく軒」の幻の塩味です。〜とのこと
f:id:sapporo_naki:20210816155401j:image

どういうことかと思い調べてみると、

ネットでは店主が「ゆうらく軒」は実は副業

本業の製塩業(株式会社つらら)が忙しい為に

僅か5年間のみの営業だったと書いてました。

 

袋を開けると中身は麺とスープとf:id:sapporo_naki:20210816155358j:image

カッコイイ文言が‼️

 

〜この一品、見てくれに さほどの事はなし。

されど味には、いささかの気合あり〜

 主・加門

f:id:sapporo_naki:20210819163340j:image

 

カッコイイですね!期待が高まります。

さっそく作ってみます。

 

f:id:sapporo_naki:20210819163608j:image

スープのタレを器に入れ400〜450mlのお湯で

溶かしておきます。(430mlで今回作りました。)

 

想像よりも醤油っぽい色合いです!

だけど塩の香りがちゃんとします。

 

ここで注意なのが麺の茹で方‼️

少し特殊で、沸騰したお湯(1〜2ℓ)

麺を入れて最初は麺を触らず3分間茹でます。

 

それからゆっくりほぐしていき

更に2、3分好みの固さまで茹でるので

最低でも5分間は茹でてください。

(調べてみると3分間しか

茹でていない方が多かったので注意です。)

 

しっかり湯切りして

トッピングを加えて完成です!

f:id:sapporo_naki:20210816155354j:image

少しコショウをふりかけました。
f:id:sapporo_naki:20210816155416j:image

スープを一口飲むと驚き!

コクとしょっぱいだけではない塩の旨味

しっかりとスープから感じとれます。

 

鶏ガラの旨味もあって、サッパリだけではなく

スープの味わい深さが口に広がって

ゴクゴク飲めます!

 

f:id:sapporo_naki:20210816155409j:image

私は硬さがある麺が好きなので

茹で時間はやや短めにしました。

 

麺の味わいもあってコシもあるので

スープと麺のレベルの高さに驚きました!

 

ちなみに、コシの秘訣は最低24時間

熟成させているおかげだそうです。

 

そしてオホーツクの塩が一緒に練り込んであり

低温乾燥に3日間かけると

麺に旨味ができて美味しいのです😳

 

 

なんとなく買ってみた袋麺がまさかこんなに

絶品とは思わず、良いものを見つけました。

 

 

ちなみにこの『オホーツクの塩ラーメン』

マツコの知らない世界でも

紹介されていたらしく

オススメしていた【大和イチロウ】さんは

全国7500種類以上の袋麺を

食べている方だそうです。

 

袋麺のプロの方が選んだのも納得ですね!

 

もう一つ私のお気に入りの利尻昆布ラーメン』と、同じくらい大好きな袋麺になりました!

 

積丹のウニを求めてドライブの旅【東しゃこたん漁協直売所と島武意海岸】

積丹のウニを求めてドライブの旅【東しゃこたん漁協直売所と島武意海岸】

f:id:sapporo_naki:20210815153302j:image

今シーズンのウニ納めということで

積丹までドライブへ行ってきました!

 

札幌駅から最初の目的地まで高速を使って

車で約1時間25分

 

まず到着したのが『東しゃこたん漁協直売所』

f:id:sapporo_naki:20210815132840j:image

ここでは積丹の塩水ウニや

海産物の加工食品が販売されています。

 

 

ちなみになぜ積丹のウニが有名なのかというと

積丹半島に生息する『細目昆布』

食べているからなのだそうです。

 

おぼろ昆布の原料であるこの細目昆布は

とっても粘り気が強くて、それをウニが

食べるからあの濃厚で口の中でまったりと

とろける生ウニになるのです。

 

雑味の少ない昆布を食べているので

ウニの味がちゃんと味わえるわけなんですね。

 

そして積丹に生息しているのは、

ほとんどムラサキなのでバフンウニは

どうしても高値になってしまうんです。

 

 

今回の目的は希少なバフンウニなので

あるかどうかドキドキ

f:id:sapporo_naki:20210815132913j:image

見てみるとムラサキウニは完売。

バフンウニはちゃんとありました!

安くなっているとはいえ5,000円とは

やっぱりお高い!((((;゚Д゚)))))))

 

8月上旬はウニの最盛期でもあって

美味しい分高値なのですが、今回は賞味期限が

近い為に値引きされてました(ラッキー🤗)

 

確か漁が解禁される6月だと

三千円以下で売られていることが

多い気がします。

 

私の知る限りだと積丹の塩水のバフンウニ

ここの直売店美国町にある

大川商店くらいしか手に入らないかと。

 

ここにはチップ焼きやエビ汁も売られてましたよ

 

 

目当てのものが手に入りほぼ目的は達成です。
次に向かったのが車で更に約30分で着く

『島武意海岸』です。

f:id:sapporo_naki:20210815141932j:image

f:id:sapporo_naki:20210815141907j:image

トンネルの先には美しい絶景が!

ここは簡単に海が見れるので好きな場所です。

f:id:sapporo_naki:20210815142016j:image

f:id:sapporo_naki:20210815142035j:image
トンネル近くの『食堂 鱗晃』

家族でシェアするのにアイスを買いました。

f:id:sapporo_naki:20210815142113j:image

↑写真は去年食べたウニ丼(当時税別¥3,600)

ここではウニ丼やウニの平日限定セット

食べられるのでおすすめのお店です。

(無添加の特別なウニの保存方法をしているので

ウニの甘みがちゃんと味わえました)

f:id:sapporo_naki:20210815151412j:image

更に奥へ進むこと車で30分

神威岬へ到着しました。

f:id:sapporo_naki:20210815142227j:image

『カムイ番屋』ではレストランや

お土産があります。

f:id:sapporo_naki:20210815142234j:image
f:id:sapporo_naki:20210815142237j:image
f:id:sapporo_naki:20210815142230j:image

f:id:sapporo_naki:20210815150940j:image

この日は岬の先端まで行けそうだったのですが

小さい子供が登るにはまだ早いので

アイスだけ記念に買っておきました。

 

f:id:sapporo_naki:20210815145612j:image

帰宅途中に有名な『柿崎商店』にも行って

ウニが好きではない夫は

ツブやマトウダイを買ってご満悦でした!

 

ここの食堂も安くて美味しくて人気ですよね

f:id:sapporo_naki:20210815145711j:image

↑写真は柿崎商店の食堂メニュー

 

 

さっそく夕食の支度に取りかかります。

f:id:sapporo_naki:20210815145737j:image

これは柿崎商店で買ったもの

ツブが1,160円、マトウダイが1,000円

f:id:sapporo_naki:20210815151207j:image
f:id:sapporo_naki:20210815151210j:image
f:id:sapporo_naki:20210815151215j:image

念願のウニもしっかり水切りします。

f:id:sapporo_naki:20210815145749j:image

 

子供にはマトウダイのほぐしみと

茹でウニを用意しました。

(加熱したウニはとっても

まろやかで甘かったです。)

 

夕食はほとんど盛っただけで楽ちんでした。

 

 

待ちに待ったウニ丼実食です!

 

f:id:sapporo_naki:20210815150204j:image

 

「わぁー美味しすぎる…

この甘さと濃厚さ!なんですかこれは…」

 

予想を上回るコクが口に広がって感動

 

味が濃いのでウニでお腹いっぱいに

なったのも初めてです!幸せな満足感😆

 

最後まであっという間に

食べ終わってしまいました。

 

 

これで今シーズンのウニの食べ納めも

大大大満足で終えることが出来ました!

 

北海道のとうきび11種食べ比べおすすめはどれ?【ゴールドラッシュ・ロイシーコーンなど黄色ミックス白のとうもろこしレビュー】

北海道のとうきび11種食べ比べおすすめはどれ?【ゴールドラッシュ・ロイシーコーンなど黄色ミックス白のとうもろこしレビュー】

f:id:sapporo_naki:20210729103410j:image

北海道の7月・8月は

とうきび(とうもろこし)の美味しいシーズン!

 

北海道の寒暖差がある気候が甘くて美味しい

とうきびを作るのに適しているのです。

 

いつも同じ所で買っていましたが、

今年は札幌近郊色んな所へ行って

食べ比べしてみたので個人的な感想ですが

まとめてみようと思います。

 

+..+゜+..+゜+..+゜+..+゜+..+..+゜+..+゜+..+゜+..+

①黄色とうもろこし

・ゴールドラッシュ(黄)

f:id:sapporo_naki:20210814141053j:image

↑(写真一番左)

2002年から発売されたゴールドラッシュは

とうもろこしらしい味わいを持ちつつ

加熱すると黄金カラーになり見た目も美しい。

 

旨味と甘さがあり皮が薄いので

見た目程食べづらさはないです。

 

懐かしい味ではあるものの

昔のイメージで食べると格段に

甘くなっていて驚きました。

 

この味わいは醤油をつけて炙って食べたら

絶対美味しいと思わせる品種です。

 

 

・味来(黄)

f:id:sapporo_naki:20210814141053j:image

↑(写真一番右)

色は濃くないタイプのイエロータイプの

コーンですがとってもジューシーで

とうきびの甘い果汁感を味わえます。

 

全体的に大きくは育たない品種なのですが

先端までの実入りも良く、

薄い皮の粒は他のとうきび

同じくらいのサイズなので食べ応えはあります。

 

 

・恵味ゴールド(黄)

f:id:sapporo_naki:20210814141224j:image

↑(写真左)

皮付きの状態のものも以前に購入しましたが、

全体的に大きく持つとズッシリ感があります!

 

皮がやわらかく旨味が詰まっていて

甘くて美味しいです。

ゴールドラッシュに似ているがコクと甘味が

しっかり感じられるのでスープにして食べても

美味しいだろうなーと思いました!

 

 

・ミルキースイーツ(黄)

f:id:sapporo_naki:20210814141320j:image

これだけは他のとうきびと違う加熱方法で

食べたので平等にレポできていません。

 

皮を軽く水で濡らしてから炭火で焼いたせいか

粒の皮がすっごく柔らかくて、しかも甘いし

美味しくて味も良しの食べ応えもありました。

これはリピートですね!

 

 

・恵味スター(黄)

f:id:sapporo_naki:20210814141300j:image

フルーティーでコクがあるスイートコーンです。

長細い形状で加熱すると

ゴールドラッシュのような濃い黄色でした。

 

甘さは恵味ゴールドと同じくらい甘く、

粒がぎっしり詰まっていて

皮も柔らかいので食べやすいです。

 

 

②ミックスとうもろこし

・ハーモニーショコラ(ミックス)

f:id:sapporo_naki:20210814141754j:image

↑(写真一番上)

甘味は強くはないが、みずみずしさはあり

粒も割と大きめ?食べた中で一番あっさり。

 

味の主張が強すぎないのでサラダや他の料理に

合わせてもバランスが取れるとうきび

 

 

・夢のコーン

f:id:sapporo_naki:20210814141053j:image

↑(写真真ん中)

比較的新しい品種で生でも食べられます。

 

収穫してから甘みの持続性も高く

贈り物としても向いている品種だと思います。

 

粒はぎっしりついていて皮は薄めで甘みも強く、白と黄色のバイカラーが綺麗なとうきびです。

 

 

③白色とうもろこし

・ピュアホワイト(白)

f:id:sapporo_naki:20210814142416j:image

↑(写真真ん中)

2002年に札幌市で開発された

日本初の白いとうきびです。

 

生のまま食べられるとうきびとして有名になり、黄色のとうきびと一緒に育てると

色が混ざってしまうという生育の難しさから

「幻のとうもろこし」と呼ばれています。

 

とうきび特有の香りは強くなく

粒が柔らかく強い甘みが特徴的です。

 

ホワイトコーンならではの甘味と

他のホワイトコーンに比べて青臭さがなくて

フルーツさを感じました。

 

 

・ホワイトショコラ(白)

f:id:sapporo_naki:20210814141907j:image

ピュアホワイトを暑さに強くなるように

品種改良したもので

皮の柔らかさと甘さはよく似ている。

日持ちも良いのでとうもろこしの甘さが

保ちやすい品種です。

 

味も見た目もほぼピュアホワイトに似ていて

やや青さのある香りがしました。

 

 

・ロイシーコーン(白)

f:id:sapporo_naki:20210814141922j:image

私がホワイトコーンにハマる

きっかけになったとうきびです。

加熱前の白さもとっても綺麗です!

 

大きめの粒に詰まった水分がとっても

ジューシーでクリーミーさもあって甘いです。

毎年長沼産を買っていますが味のバランスが良く

いつ食べても美味しいです。

 

 

・雪の妖精(白)

f:id:sapporo_naki:20210814141853j:image

びっくりしたのが食べてたら手が糖分で

ベトベトしてしまって、それくらい甘いです!

 

まったりとした甘さで一般的なフルーツよりも

甘いのでは?品種改良の凄さに驚きました!

 

 

 

〜おすすめはどれ?〜

f:id:sapporo_naki:20210814144848j:image

正直に言ってどのとうきびも美味しすぎて

選びきれないのですがあえて言うならば、

 

コク重視なら『恵味ゴールド』

ジューシーさなら『味来』

甘さなら『雪の妖精』

ストックするなら『夢のコーン』

 

 

ただ感動したのは、

f:id:sapporo_naki:20210814142125j:image

今シーズン初とうきびを食べた時の

『ミルキーコーン』(炭火が美味しくて…)

 

f:id:sapporo_naki:20210814142525j:image

いつ食べてもずっと美味しい

『ロイシーコーン』ですかね(*´ー`*)

(ちなみにどちらも長沼町にある

『道の駅マオイの丘』で購入出来ます。)

 

 

本当に全部美味しかったので

また食べたら気持ちが変わるかもしれません!笑

 

 

+..+゜+..+゜+..+゜+..+゜+..+..+゜+..+゜+..+゜+..+

 

いつも甘くて美味しいと思って

とうきびを食べていましたが

食べ比べをすることで味の違いがなんとなく

わかるので、今や夏の楽しみになっています。

 

黄色・ミックス・白色と沢山の種類と

産地や時期によっても変わるので

お気に入りを是非見つけて欲しいです♪

 

富良野&美瑛2021花巡りレポ【ファーム富田と四季彩の丘】

富良野&美瑛2021花巡りレポ【ファーム富田と四季彩の丘

f:id:sapporo_naki:20210729094221j:image

先日2年ぶりに富良野・美瑛へ行ってきました。

 

今回は見頃になった花畑を中心に

回ってきたので全部で7箇所ご紹介します。

 

 

 

まず最初に向かうのが

札幌中心部から車で約2時間程の距離にある

『ファーム富田』です。

 

 

①ファーム富田

f:id:sapporo_naki:20210729114042j:image

「総面積約15万㎡」のラベンダー畑が見られる

富良野の人気の観光スポットは

広大な花畑で見応えばっちしでした!

f:id:sapporo_naki:20210731112922j:image

f:id:sapporo_naki:20210731112956j:image

↑今より60年前(1958年)に

このトラディショナルラベンダー畑で

本格的なファーム富田のラベンダー栽培が

始まった歴史のある花畑です。

f:id:sapporo_naki:20210731112943j:image
f:id:sapporo_naki:20210731112938j:image

↑「蒸留の舎」ではとっても濃ゆい

ラベンダーオイルの匂いが立ち込めてました。
f:id:sapporo_naki:20210731112959j:image
f:id:sapporo_naki:20210731112953j:image

↑ラベンダーとバニラのミックスソフト(250円)

ここに来たら外せないですよね。

f:id:sapporo_naki:20210731112946j:image

↑「花の舎」の展望デッキからの眺めが

一番お気に入りです。
f:id:sapporo_naki:20210731113002j:image
f:id:sapporo_naki:20210731112949j:image

↑「森の舎」からの眺めも広大すぎて凄い!

 

 

②日の出公園

f:id:sapporo_naki:20210731130124j:image

ファーム富田から車で約15分で着きます。

 

丘いっぱいに咲いたラベンダーとイベントとして

花火やライトアップも限定で見れますよ!

f:id:sapporo_naki:20210731130138j:image

f:id:sapporo_naki:20210731130202j:image

↑展望台は風通り良くて涼しかったです。
f:id:sapporo_naki:20210731130158j:image

近くにはコテージ泊も出来る

「日の出公園オートキャンプ場」があるので

いつか利用してみたいですね。

 

 

③かんのファーム

f:id:sapporo_naki:20210731131415j:image

日の出公園から車で約15分で着きます。

 

花や野菜の販売している農園で

花畑はラベンダーのシーズンが

終わってからも楽しめます。

f:id:sapporo_naki:20210731131418j:image

↑入場無料なのですが

景観の維持費用として募金箱が置いてあるので

少しだけでも協力したいですよね。

f:id:sapporo_naki:20210731131412j:image
f:id:sapporo_naki:20210731131409j:image
f:id:sapporo_naki:20210731131421j:image

↑看板も可愛いデザインで花畑と合ってますね♪

 

 

④美瑛選果

f:id:sapporo_naki:20210731133747j:image

かんのファームから車で約10分で着きます。

 

美瑛近郊の野菜やテイクアウト出来るグルメなど

美味しいものが集まる施設です。
f:id:sapporo_naki:20210731133750j:image
f:id:sapporo_naki:20210731133753j:image
f:id:sapporo_naki:20210731133743j:image

いちごジュース(390円)は

果肉感とみずみずしさがうまい!

 

じゃがバター(250円)は

ふわふわバターの塩気が美味しくて、

ここはまた、リピートしたいです😊

 

 

⑤ぜるぶの丘

f:id:sapporo_naki:20210731135914j:image

美瑛選果から車で約5分で着きます。

 

レストランやカフェの他に、花畑の中を

バギーで走ることができるテーマパークです。
f:id:sapporo_naki:20210731135910j:image
f:id:sapporo_naki:20210731135917j:image

↑牛やスヌーピーのオブジェが

とっても可愛いです。
f:id:sapporo_naki:20210731135907j:image

↑バギーのコースに合わせて

綺麗に花が植えられてました。

 

 

四季彩の丘

f:id:sapporo_naki:20210731141448j:image

ぜるぶの丘から車で約17分で着きます。

 

ここの花畑は春先にハウスで育てた苗を

東京ドーム約3個分の広さの丘に

10名程の少人数で1か月かけて

植え替えているそうです!
f:id:sapporo_naki:20210731141455j:image
f:id:sapporo_naki:20210731141440j:image

↑この綺麗な景色を手作業で

作り上げているとは凄いですね。
f:id:sapporo_naki:20210731141444j:image
f:id:sapporo_naki:20210731141452j:image

 

 

⑦フラノマルシェ

f:id:sapporo_naki:20210731143455j:image

f:id:sapporo_naki:20210731143459j:image

美瑛から再び富良野へ戻り、

四季彩の丘から車で約35分で着きます。

 

富良野のグルメからお土産まで

なんでも揃っています。お買い物も楽しいです。
f:id:sapporo_naki:20210731143509j:image

↑ラベンダーサイダーやへそガラナ

ビールとメロンリキュールもありました。
f:id:sapporo_naki:20210731143452j:image

↑このラングドシャは濃厚なチーズと

バターの香りがするクッキーで挟んであって

高級な味わい。

f:id:sapporo_naki:20210731143516j:image
f:id:sapporo_naki:20210731143512j:image

富良野ハスカップのスムージーも美味!
f:id:sapporo_naki:20210731143503j:image

↑度々テレビで見かける

「なまら棒」はなんと33㌢の棒餃子👀

(フラノマルシェ2の「ゆきと花」で購入)

 

ふらの和牛カレー(390円)と醤油バター(320円)の

2種類どちらも美味しいです。

f:id:sapporo_naki:20210801122532j:image

↑ここで買える「なまらガラナソーダ

すっかり買いそびれたのが残念。

f:id:sapporo_naki:20210731143506j:image

 

+..+゜+..+゜+..+゜+..+゜+..+..+゜+..+゜+..+゜+..+

🔻🔻🔻今回は綺麗な場所を沢山

行ってきたので動画も作ってみました🎥

m.youtube.com

+..+゜+..+゜+..+゜+..+゜+..+..+゜+..+゜+..+゜+..+

 

【立ち寄った場所マップ】

f:id:sapporo_naki:20210729100106j:image

 

他にもニングルテラス、道の駅白金ビルケ、

青い池などなど行きたい所が沢山あるので

近々違うルートでまた遊びに行きたいです♪

 

🔻🔻オススメ記事🔻🔻

sapporonaki.hatenablog.com

sapporonaki.hatenablog.com