北海道レポブログ

【絶景/グルメ/温泉/暮らし】北海道の情報ブログ

【雪かきグッズタイプ別紹介!全8選】定番のスコップから特化型アイテムまで

【雪かきグッズタイプ別紹介!全8選】定番のスコップから特化型アイテムまで

f:id:sapporo_naki:20220325100755p:image

目次

 

以前の勤め先では自分達で除雪することが多く

毎シーズン新しい雪かき道具が導入され

気分によって変えてみたり

積雪レベルによって使い分けたりと

 

どれを使えばいかに雪かきを楽に早く

済ますことが出来るのか模索していました。

 

色んなタイプの雪かきグッズが出ていますが

ホームセンターにいくと大量のスコップが置かれいて

一体どれくらいの種類があるのか?

 

ふと疑問に思ったので

気になったものや過去に使用したことのある

道具を今回は紹介させていただきます。

 

【快適な雪かきはまず装備から!】

◎手袋・グローブ

朝の雪かきはとにかく冷えとの戦い

体は次第に温まってきますが

指先は冷えることも多いのではないでしょうか?

掌のグリップがしっかりしていると

雪かきする時にも力をスコップに伝わりやすく

無駄に疲れることを防げます。

◎靴下

足先の冷え対策やダンプで雪を集める時など

靴の中でもしっかり踏ん張れるように

滑り止めがついた靴下だと力が込めやすいですね

 

【用途に合わせて使い分けたい雪かきグッズ】

1.アルミスコップ

硬く固まった雪を砕いたり

深く雪を掘りたい時にはアルミスコップがおすすめ!

車のタイヤ周りに付いた雪を落としたり

玄関タイルにへばりついた氷を外すのに使います。

 

2.プラスチックスコップ

どんな雪質でも使える定番スコップ

取手がついていると雪をすくい上げて

投げ捨てる時にスコップが左右に揺れたり、

勢いに持っていかれるのを防ぐことができます。

 

3.穴あきタイプのスコップ

穴あきのスコップ雪がへばり付かないので

すくった状態の雪をサッと投げ捨てることができます。ただし固まった雪を砕くのには強度が

足りないので注意が必要です。

 

4.幅広タイプのスコップ

幅広タイプのスコップは広範囲を雪かきする時に使用します。

ドカ雪以外の場面では重宝するアイテム

地面にスコップの先端を押し当てて

奥に雪をかき集める感じで使います。

 

5.スノーダンプ(ママさんダンプ)

ダンプは雪が多く降るエリアにはかかせません。

ドカ雪にも、かき集めた雪を雪捨て場に運ぶにも

便利です。

すくい上げた雪を乗せたまま運搬も出来ますし

雪山へ積み重ねる時にもこれが

あるのと無いのでは作業効率が全然違います。

 

6.車輪付きタイプ

あまり見かけない車輪付きタイプ雪の量が

少なめで広い範囲を雪はねするのに向いています。

 

実際に使ってみると重さがある分、地面の雪を

しっかりとキャッチ出来ますが湿った雪には

すぐ重くなって動き辛くなるので

使いこなすのが難しかったです。

 

7.屋根の雪下ろし専用グッズ

屋根の雪の下に差し込むと布を伝って雪

が降ろせる道具です。カーポート・車庫や

一階部分のスコップでは届かない

屋根の除雪に向いています。


8.除雪機

除雪機は雪が多いエリア中心に札幌の戸建ての

家庭では持っている方も意外とよく見かけます。

 

楽々と雪をかきこんで集めてくれるので

大雪でも雪かきのストレスが全然違うと思います。

 

 

〜おまけ〜

札幌に住んでから便利だなと思ったのは

積雪対策されているカーポートです!

車の雪下ろしや雪かきが楽になるので朝の忙しい時間に大助かりです。

f:id:sapporo_naki:20220131154507j:image

(出典:Nissho公式サイト)

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

🔻北海道について運営中のリンクまとめ✍️

@sapporo_naki

https://linktr.ee/sapporo_naki

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓