北海道ブログ@札幌ナキ

道民の暮らし、子育て、グルメ、観光を紹介します。

凄い袋麺を見つけてしまった!【オホーツクの塩ラーメン】インスタントラーメン

凄い袋麺を見つけてしまった!【オホーツクの塩ラーメン】インスタントラーメン

f:id:sapporo_naki:20210822083918j:image

8月の中旬、北海道では肌寒い日が

多くなってきました。

 

そんなこともあって

たまには簡単にインスタントラーメンが

食べたくて仕方がなかったのですが、

 

偶然スーパーで買った袋麺が

すごく美味しくて調べてみたら

どうやら、テレビでも取り扱われるくらい

有名だったらしいので

今回紹介させていただきます。

 

 

株式会社つらら『オホーツクの塩ラーメン』

f:id:sapporo_naki:20210821225542j:image

(つららSHOPシバレにて¥350)

 

北海道紋別郡湧別町にて

厳しい冬の氷の海から海水を汲み上げ

数日かけてオホーツクのカラ松の木を燃やし

長い時間をかけて煮詰めた

オホーツクの塩を使用しています。

 

この純白のお塩は、海水中に含まれる

カルシウムが入っていて

ほのかに太陽の香りがするそうです。

 

↓パッケージ正面

f:id:sapporo_naki:20210816155413j:image

↓パッケージ裏面
f:id:sapporo_naki:20210816155405j:image

説明欄には

〜このラーメンは、かつて湧別町・湧楽座にて

僅か五年間だけ営業されたラーメン店

「ゆうらく軒」の幻の塩味です。〜とのこと
f:id:sapporo_naki:20210816155401j:image

どういうことかと思い調べてみると、

ネットでは店主が「ゆうらく軒」は実は副業

本業の製塩業(株式会社つらら)が忙しい為に

僅か5年間のみの営業だったと書いてました。

 

袋を開けると中身は麺とスープとf:id:sapporo_naki:20210816155358j:image

カッコイイ文言が‼️

 

〜この一品、見てくれに さほどの事はなし。

されど味には、いささかの気合あり〜

 主・加門

f:id:sapporo_naki:20210819163340j:image

 

カッコイイですね!期待が高まります。

さっそく作ってみます。

 

f:id:sapporo_naki:20210819163608j:image

スープのタレを器に入れ400〜450mlのお湯で

溶かしておきます。(430mlで今回作りました。)

 

想像よりも醤油っぽい色合いです!

だけど塩の香りがちゃんとします。

 

ここで注意なのが麺の茹で方‼️

少し特殊で、沸騰したお湯(1〜2ℓ)

麺を入れて最初は麺を触らず3分間茹でます。

 

それからゆっくりほぐしていき

更に2、3分好みの固さまで茹でるので

最低でも5分間は茹でてください。

(調べてみると3分間しか

茹でていない方が多かったので注意です。)

 

しっかり湯切りして

トッピングを加えて完成です!

f:id:sapporo_naki:20210816155354j:image

少しコショウをふりかけました。
f:id:sapporo_naki:20210816155416j:image

スープを一口飲むと驚き!

コクとしょっぱいだけではない塩の旨味

しっかりとスープから感じとれます。

 

鶏ガラの旨味もあって、サッパリだけではなく

スープの味わい深さが口に広がって

ゴクゴク飲めます!

 

f:id:sapporo_naki:20210816155409j:image

私は硬さがある麺が好きなので

茹で時間はやや短めにしました。

 

麺の味わいもあってコシもあるので

スープと麺のレベルの高さに驚きました!

 

ちなみに、コシの秘訣は最低24時間

熟成させているおかげだそうです。

 

そしてオホーツクの塩が一緒に練り込んであり

低温乾燥に3日間かけると

麺に旨味ができて美味しいのです😳

 

 

なんとなく買ってみた袋麺がまさかこんなに

絶品とは思わず、良いものを見つけました。

 

 

ちなみにこの『オホーツクの塩ラーメン』

マツコの知らない世界でも

紹介されていたらしく

オススメしていた【大和イチロウ】さんは

全国7500種類以上の袋麺を

食べている方だそうです。

 

袋麺のプロの方が選んだのも納得ですね!

 

もう一つ私のお気に入りの利尻昆布ラーメン』と、同じくらい大好きな袋麺になりました!