北海道ブログ@札幌ナキ

道民の暮らし、子育て、グルメ、観光を紹介します。

【北海道の大晦日】我が家のおせちなど年末の料理をご紹介!

【北海道の大晦日】我が家のおせちなど年末の料理をご紹介!
f:id:sapporo_naki:20210412230840j:image
北海道の大晦日の晩御飯といえば
おせちを食卓に出して、

他にも刺身などのご馳走を用意して
新年を迎える家庭が
多いのではないでしょうか?

 

今回は札幌に住む我が家のケースとして
過去に食べた年末料理をいくつか、
まとめてみました。


同じ道民でも共感出来る部分や、
そうでない所も色々見えてくるかも
しれませんので比較して楽しんで下さいね♪

なぜ大晦日におせちを食べるのか
はじめに、なぜ北海道では元旦ではなく
前日の大晦日の夜にご馳走を食べるかに
ついて触れていきます。


これは江戸時代に
使われていた暦が関係しています。

旧暦では日没から1日が始まるとされていたので大晦日の夜から新年でした。

そして、大晦日の夜にご馳走を食べてお祝いすることを「年取り膳」と呼ぶそうです。


北海道ではその「年取り膳」の風習が残り
現在でも食べられているわけですね。
おせち紹介

f:id:sapporo_naki:20210412230915j:image

f:id:sapporo_naki:20210412230932j:image

f:id:sapporo_naki:20210412230949j:image地域によっては食べない家庭もありますが、
我が家ではおせちは
定番の大晦日のメニューです。
 
 f:id:sapporo_naki:20210412230957j:image

f:id:sapporo_naki:20210412231004j:image

f:id:sapporo_naki:20210412231039j:image
海鮮と揚げ物
海鮮ネタは外せないですよね!

刺身かお寿司か手巻きにするか
スーパーの刺身の盛り合わせも
年末使用でおしゃれな器に入ってます。
 f:id:sapporo_naki:20210412231029j:image

f:id:sapporo_naki:20210412231051j:image

f:id:sapporo_naki:20210412231055j:image

毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニ
無性に食べたくなる時がありますよね。

 

f:id:sapporo_naki:20210412231122j:image
雰囲気を変えて揚げ物を挟んでみても!

毎年リクエストされるので
我が家ではチキチキボーンの素を購入し、
手羽中に絡めて揚げています。

 

最後の締めに「年越しそば」
おせち・海鮮・揚げ物と続き
夜更けになると、年越しそばが登場します。

正直言ってもうお腹はパンパン

すでに限界なのですが、
年越しそばを食べる使命感にかられ
しっかり食します。

本当は大晦日の昼御飯にでも
食べれば良かったんですけどね(´-`)
北海道ならではの味付け


茶碗蒸し

f:id:sapporo_naki:20210412231138j:image
北海道の茶碗蒸しは、甘めの味付けに
銀杏ではなく栗の甘露煮が入っています。
出典:photoAC
うま煮

f:id:sapporo_naki:20210412231151j:image
酒・みりん・砂糖・だしで
ツヤがでるまで煮込む煮物料理。

甘くて濃いめの味付けです。


元旦には何を食べるの?

f:id:sapporo_naki:20210412231217j:image
晦日にご馳走を食べて、
一体元旦は何を食べるかというと

前日の残り物にお雑煮が加わります。
出典:photoAC

f:id:sapporo_naki:20210412231225j:image
お正月のお菓子といえば
「口取り菓子」があります。

海老や鯛といった
おめでたい食材をあんこで模した
とっても甘い和菓子です。